黒枠の意味

写真集「Traces of Yakushima」の作品には全て黒枠が付いています。これはフィルムを複写する時に絵柄の外枠も一緒に複写している事を意味しています。絵柄の外枠が入ると言う事は撮影したときのフレーミングそのものである事の証なのです。撮影の時に構図を完結する。簡単な事ではありません。今回使用しているカメラはZenzaブロニカGS-1 (6×6改)レンズは50mm、110ミリマクロ、250mm単焦点のみです。3本のレンズが創り出す世界観を是非ご覧頂きたいと思います。


この写真は写真集掲載作品の右上の部分です。こんな感じに黒枠が付いています。


閲覧数:412回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【2022年 「T2o大阪」のご案内】 デジタルカメラを使用した写真作品のレベルアップや作品表現の幅を広げ、個展、作品展開催を目指す写真家育成のためのアカデミー講座「T2o大阪」を2022年よりスタートいたします。 「T2o大阪」アカデミー講座に先駆け、下記日程にて写真家 秦 達夫氏を講師に写真セミナー&T2o大阪説明会を行います。 参加費は1500円頂戴いたします。ただし、写真集を1500円割